Tuesday, May 23, 2017

Intelligent Scribbles インテリジェント・スクリブル(知的な落書き)


" Why do life drawing?  Because we learn the normal to have authority with the fantastic.  We learn where the weight is. We learn proportion. We learn where to place things. We learn clarity.  It broadens our range.  It's like working out in order to get fit. And we don't want fancy drawings----we need intelligent scribbles"
-Richard Williams

「写生をする理由は何だろうか? 標準を知っている者には、奇想天外なことが許されるからだ。ウエイトがどこにあるか。比率はどうか。明瞭さとはどんなことか。すべてのパーツがどのようにつながっているかを理解できる。これが分かれば、ずっと幅が広がる。健康でいるために運動するのとおなじことだ。上手な絵を描こう、素晴らしい絵を描こうとするのは、無用なことだ。私たちが目指すべきは、知的な落書きだ」
 - リチャードウィリアムズ




These works by German illustrator Heinrich Kley are perfect examples of drawings that have weight and clarity.  His ink illustrations are loose and have a vitality showing clear gesture or line of action.  

ドイツ人イラストレーター、ハインリッヒ・クレイによるこれらの作品は、ウエイトと明瞭さを備えた作品の好例です。彼のペン画は、ラフでありながら活力にあふれ、明確なジェスチャーとアクションラインを示しています。








Kley found gesture in large, bulky creatures such as elephants and maximized the obvious gesture in the long "S" curve bodies of alligators. 

クレイは、ゾウのようなどっしりとした生物にもジェスチャーを見いだしています。また長いS字カーブとして、ワニのジェスチャーをとらえました。








Walt Disney was a collector of his art after being introduced to it by Disney artist Joe Grant. The influence of Kley's work in Disney's Fantasia segment, "Dance of the Hours" is undeniable.  

Kley's chaotic, but fun artwork should be an inspiration to loosen up and go to the heart of the gesture found in figures. The scaffolding of the working parts of the figure  (whether it be an elephant or a damsel) can be attached and cleaned up later. 

ディズニーのアーティスト、ジョー・グラントが彼に紹介してから、ウォルト・ディズニーはクレイの作品の収集を始めました。ディズニーの長編アニメーション「ファンタジア」の「時の踊り」には、クレイの作品の影響が大きく表れています。

雑然としたタッチで、楽しさあふれるクレイ作品は、肩の力を抜き、画題の中に存在するジェスチャーの中核をとらえようという気持ちにさせてくれます。下絵の段階なら、いくらでも付け足したり、後できれいに整えることもできます。ゾウでも、少女でも、おなじことです。














If Kley can successfully find the fluid gesture in a turtle, we should be inspired to at least find it in the human form!


クレイがカメに流れるようなジェスチャーを見て取ったのですから、私たちも、少なくとも人体には、ジェスチャーを見て取れるはずです。



  

Sunday, April 9, 2017

The Great Dynamic Bill Tytla - ビル・ティトラ , ディズニーナイン・オールドメンの先輩



 "Bill was powerful, muscular, high-strung and sensitive, with a tremendous ego," - Frank Thomas and Ollie Johnston 


Vladimir Peter Tytla entered the Walt Disney Animation studio in 1934 and became one of the greatest supervising animators of all time and mentor some of Disney's younger animators who would be known as "Disney's Nine Old Men".  

In Japan Bill Tytla would have been referred to as "senpai" (which means senior) and he along with Freddy Moore (who designed the classic modern version Mickey Mouse) would school the Nine Old Men in the principles of "dynamics" and "appeal" respectively. 

[Bill Tytla] brought the volatile acting of a man who had been around the world and had this worldliness of how things behaved.  Bill did things of enormous scale..."  - Marc Davis

An artist who could bring to life something as powerful and iconic as this: 


And still be sensitive enough understand the subtleties of a delicate character like this,  says much about the artist. 


Bill noted in story meetings that a character's pose should be a reaction to something, otherwise it would be just a drawing. 

Bill would be well known for animating Stromboli in Pinocchio, the devil Chernobog in Night on Bald Mountain, and Dumbo the elephant.  In Dumbo he animated a performance that is still recognised today and causes viewers to tear,  generations after its debut. 


In 1994 animation historian John Canemaker organised an exhibition of Bill Tytla's works at the Katona Musuem of Art.  Below is the catalogue of the exhibition.  I originally found the catalogue on Michael Sporn's Splog to which he referenced the Hollywood Animation Resource.  

Enjoy.




































Thursday, April 6, 2017

友だち: コメ袋(小麦袋)- Your Friend the Rice Bag (Japanese)


胴体は、体の中でも最も大きい2つのボリューム(立体)で構成されています。ウェイト(重心)も胴体によって決まります。


この2つのボリュームを単純化するために、さまざまな様式が考案されました。ボックスの場合もありますが、アニメーションの場合には、小麦袋(米袋)がよく使われます。




コメ袋も、ボックスもビーン(豆)も胴体を単純化した立体形状として扱うという意味では同じです。これを使って以下を表すことができます。
1)   明確なウェイト(重心)
2)   体に働くフォース(力)
3)   感情!!

コメ袋の描き方をマスターし、感情を表すモデルとして使いましょう。エネルギーが集中する場所ではフォームは押しつぶされ、エネルギーの方向が分散している場所ではフォームは引き伸ばされます。


腕や脚を使わずに感情を示すとしたら、どうするでしょうか。この練習によって、視覚的に示せるようになります。